みかづきブログ・カスタム

基本的にはちょちょいのほいです。

JavaScript

<input type="range">で作成したスライダーの値の変更を検知する 👀

changeイベントを使うと値の確定時、inputイベントを使うと値の入力時に発火します。 DEMO 百聞は一見にしかずなのでDEMOを操作してもらうのが一番早いです。

Googleカレンダーの予定名を「予定あり」に変更した状態のスクリーンショットを撮影してダウンロードするブックマークレットをつくりました 📅

以前作成・検証した、Googleカレンダーの予定名を「予定あり」に変更するスクリプト、html2canvasでのスクリーンショットの撮影、ユーザークリックなしのファイルダウンロードを組み合わせたブックマークレットをつくりました。 blog.kimizuka.org blog.kimi…

Intl.DateTimeFormatを使って月を英語表記にする 📅

最近、(new Date).getMonth()の結果を英語にする機会がありまして、愚直に、 [ 'January', 'February', 'March', 'April', 'May', 'June', 'July', 'August', 'September', 'October', 'November', 'December' ][(new Date).getMonth()]; 的なコードを書いた…

html2canvasでページのスクリーンショットを撮る 📸

html2canvasを使ってHTMLの画像化を試みました。

Googleスプレッドシートに描いた16×16のドット絵を配列に変換するGASを書く 🖼

スプレッドシートに描いた16×16のドット絵を配列に変換するGASを書きました。 上記のドット絵が、 const pictures = [ ['#ffffff', '#ffffff', '#ffffff', '#ffffff', '#ffffff', '#ffffff', '#ffffff', '#ffffff', '#ffffff', '#ffffff', '#ffffff', '#ffff…

micro:bit(マイクロビット)とGoogle ChromeをWeb Bluetooth APIで繋ぐ 🟦

タイトルの通りです。micro:bitとGoogle ChromeをWeb Bluetooth APIで繋ぎました。 Google Chromeからmicro:bitのLEDマトリクスを制御します。まず、micro:bitの説明は端折りますが、簡単に説明すればマイコンです。 英国では11〜12歳の子供、全員に無償で配…

JavaScriptで6桁のカラーコード(#ffffff)をrgb(255,255,255)に変換する 🎨

ウェブアプリの開発中に、#ffffff → 255,255,255 みたいな変換が必要になりました。 こんな処理は絶対に誰かが書いているはずだ。と思い調べてみたところ、www.npmjs.comばっちり見つかりました。ソースコードも37行とかなり短く、これを使おうかなとも思っ…

iOS15のmobile Safariに搭載されたWeb Share APIを試す 📱

developer.mozilla.org developer.mozilla.org以前からAndroidのChromeには搭載されていたものの、iOSのSafariには搭載されてなかったWeb Share APIですが、iOS15にてついに有効になったとのことなので、早速実装してみました。一番ハマったところは、naviga…

改めてwidnow.closeの挙動を確認する(target="_blank"で開いたwidowを閉じる) 🚪

developer.mozilla.orgMDN Web Docsにてwindow.closeの仕様を確認してみると、 Window.close() メソッドは、現在のウィンドウ、またはそのページ上で呼び出されたウィンドウを閉じます。このメソッドが許可されるのは、window.open() メソッドを用いたスクリ…

TypeScriptでthisの型を指定する 👨‍🏫

functionで宣言した関数の中でthisを使うと、 'this' implicitly has type 'any' because it does not have a type annotation. とエラーが出ます。アローファンクションと近い、functionによる関数宣言は実行方法によってthisが変化するからです。TypeScrip…

Node.jsでimport・exportを使う 💻

Node.jsで普通にimportを使おうとすると、 SyntaxError: Cannot use import statement outside a module と怒られます。いままではおとなしくrequireを使ってきましたが、世間はもう2021年。子供の頃思い描いていた未来です。 そう。流石にimportを使いたい…

webpackでバンドルするスクリプト内で実行したスクリプト名を取得する 💻

process.env.npm_lifecycle_event で取得できます。Next.jsのexport設定を本番とステージング環境用で分ける際、 "scripts": { "dev": "next dev", "build": "next build", "start": "next start", "lint": "next lint", "export-staging": "next build && n…

jQueryのclosestをjQuery無しで使いたい時は、Element.closestの出番 🔍

jQueryのclosetとは querySelectorは己の子要素を検索するメソッドですが、closetは逆に己の親を検索する、jQueryオブジェクトのメソッドです。api.jquery.com Given a jQuery object that represents a set of DOM elements, the .closest() method searche…

JavaScriptで角度の平均を計算する 🧮

ベクトルを合算し、原点からの角度を出すのがセオリーのようです。関数にするとこんな感じです。 function getAverageAngle(angles = []) { let x = 0; let y = 0; angles.forEach((angle) => { x += Math.sin(angle / 180 * Math.PI); y += Math.cos(angle …

iOS13以降、DeviceMotionEventにアクセスするためにはパーミッション取得が必要 📱

実装のたびに調べている気がするので、まとめておきます。iOS12.2からブラウザから加速度センサの値にアクセスするには、ユーザーからパーミッションを取ることが必須になりました。iOS12.2では設定アプリからパーミッションを取る形式だったのですが、iOS13…

Googleカレンダーの予定名を隠すスクリプトをつくりました 📅

会社勤めだったころは、同僚のGoogleカレンダーを確認できたので、空いてる時間を探せたり、探してもらえたりしたのですが、フリーランスでリモートで仕事を進めていると、そうはいかず、オンラインミーティングの日程を合わせるのがやや大変だったりします…

Express + Socket.ioを使って静的なHTMLをホスティングしつつ、サーバとブラウザ間をリアルタイムに通信する 📡

ものすごく久しぶりにExpress + Socket.ioでウェブサイトを作ったので、手順をメモしておきます。 ※ Node.js v14.15.0、yarn 1.22.5 で作成 必要なパッケージをインストール yarn add express socket.io app.jsを作成 const express = require('express'); c…

face-apiを使って、写真から顔を探してその周りを切り抜くスクリプトを作りました 😀

こんな感じで、顔の周りを切り抜くスクリプトを書きました。github.com (function() { window.trimAndResize = trimAndResize; function trimAndResize(canvas, size) { return faceapi.nets.tinyFaceDetector.load('https://justadudewhohacks.github.io/fa…

JavaScriptで日本語を五十音順にソートする 🇯🇵

String.prototype.localeCompare という非常に便利なメソッドを発見しました。引数に'ja'を渡しつつ、Array.prototype.sortと組み合わせることで、日本語を五十音順にソートすることができるようです。developer.mozilla.org [ 'オギノ', 'マーティン', 'ナ…

Null合体演算子を使って値がnull、undefinedの場合の時の値を指定する ❓

Null合体演算子たるものを教えてもらいました。 Null 合体演算子 (??) は論理演算子の一種です。この演算子は左辺が null または undefined の場合に右の値を返し、それ以外の場合に左の値を返します。 https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScrip…

Setオブジェクトを使ってJavaScriptで配列の中に重複した要素があるかを確認する 🔍

結論 経緯 結論 function isUniq(arr) { return new Set(arr).size === arr.length; } isUniq([0, 1, 2]); // => true isUniq([0, 1, 1]); // => false という感じです。 経緯 配列の中に重複した要素があるかを確認したい場合、lodashを導入しているプロジ…

CSSセレクタの前方一致を使って、ページ内リンクをまるっとセレクトする 🕸

属性セレクタの前方一致を使って、href属性が#から始まる要素をまるっと取得すればページ内リンクを一網打尽にできます。 [attr^=value] attr という名前の属性の値が value で始まる要素を表します。 https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/CSS/Attrib…

iOSでページをスクロールしている最中にscrollToを使ってページのスクロール位置を変更すると次のtouchmoveの発生で元の位置に戻る 👆

github.comこちらのissue に対応するために調査しました。 こんなことは普通はしないと思うのですが、iOSにてページスクロール中にscrollToを使うと、 ❶ ユーザーがページのスクロールを開始する ❷ widow.scrollToでスクロール位置を変更する ❸ (指定箇所ま…

ブラウザで録音した音声をBlobにしてサーバにアップロードする&サーバからダウンロードしたBlobをBlob URLにしてaudioタグで再生するために、Blob ⇄ Blob URLの変換方法を調べる 🎤

先日つくったブラウザで音声を録音できるサイトですが、折角なら録音データをFirebaseにアップロードしたいと思いました。Next.js + RecorderService.js でブラウザで音声を録音する - みかづきブログ・カスタムそのために、Blob URL → Blob と Blob → Blob…

Next.js + RecorderService.js でブラウザで音声を録音する 🎙

mobile Safariから音声を投稿する仕組みを考えていたところ、MediaRecorder APIたるものを発見しました。developer.mozilla.org当初は、 ボイスメモで録音(音声ファイルを生成) どうにかしてブラウザから音声ファイルにアクセス ファイルアップロード とい…

Next.jsで使えるAnimationクラスをつくる 🎥

npmで探したら似たようなものがある気もしなくもないですが、すごくシンプルなものが欲しかったので自作しました。 process.browserを使っている点以外はNuxt.jsに依存しているところはないですが、Next.jsで使うことを前提に作ってます。 TypeScrtipt expor…

navigator.mediaDevices.getUserMediaで立ち上げるカメラを指定する際のポイント 🎥

MediaDevices.getUserMedia()の仕様を確認すると、 すべての constraint が数字とは限りません。例えば、次の例はリアカメラよりもフロントカメラを (利用できるなら) を選好します。 { audio: true, video: { facingMode: "user" } } リアカメラが必要であ…

@hubspot/api-clientを使ってHubSpotのdealを取得する 🛒

HubSpotとは ことの発端 dealとは APIを調べる @hubspot/api-client - npmを調べる メソッドを見つける メソッドを叩いてみる ものすごくニッチな記事になりますが、未来の自分のためにも書き残しておきます。 HubSpotとは www.hubspot.jp一言で言うと、「EC…

jQueryを使わずにoffset().topを実装する 📄

ページの上部を起点としたときのDOMのY座標を知りたいとき、jQueryを使うのであれば、 const targetTop = $('#target').offset().top; と書けますが、それだけのためにjQueryを導入するのは勿体ない気がしてしまいます。そんなときは、 const targetTop = do…

Expressを使ってスタティックなサーバを立ててSocket.IOを使って通信を行う ⚡️

server.js const express = require('express'); const app = express(); const http = require('http').Server(app); const io = require('socket.io')(http); const path = require('path'); app.use('/', express.static(path.join(__dirname, 'public'))…